キタガワのブログ

島根県在住。音楽ライター。執筆依頼は適当な記事へのコメントでお寄せください。

映画

映画『記憶にございません!』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 僕は政治に関心がある。基本的にテレビを点ければニュースしか観ないし、新聞などのメディアや、果ては様々な党首のSNSまであらゆる目を光らせている自負がある。 「なぜこれほどまでに政治を知ろうとしているのか」と問われれば…

映画『ジョーカー』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 先日、今何かと話題の映画である映画『ジョーカー(JOKER)』を観た。 僕がこの映画を観ようと決めた理由はズバリ『話題になっていたから』という至極単純なものだった。映画が制作されたアメリカでは公開初週の興業収入が100億…

映画『HELLO WORLD』レビュー

こんばんは、キタガワです。 今回鑑賞した映画は、現在公開中のSFタイムリープアニメ『HELLO WORLD(ハローワールド)』である。 先に結論を書いてしまうが、今回この作品の総合得点は『星2』とした。これはすなわち当ブログの映画レビューの中では最低得点…

映画『チャイルド・プレイ』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 世の中の映画には様々なジャンルが存在する。代表的なものとしてはラブストーリーやミステリー、コメディーやSF、アクション……。もう少し的を絞るとすれば戦争映画やノンフィクション映画、時代劇や主観映画なんてものもある。 …

映画『二重生活』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 回りくどい言い方で恐縮だが、僕はこの世における人間関係の構築は全て、運命の集合体であると思っている。 例えば親友。毎日連絡を取るわけではないにしろ、ごく稀に電話をすれば楽しく時間が過ぎて行き、悩みも恋愛事情も腹を…

映画『天気の子』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 7月19日。新海誠監督の最新作『天気の子』を、公開初日に観てきた。 全国的に記録的な大雨となった前日とはうって変わって、からっと晴れた公開初日。それはまるで『晴れ女』を題材にした今作の公開を祝福するようでもあり、感動…

映画『新聞記者』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 上映が終わった後、僕はしばらく映画館の席から立てないでいた。一緒に鑑賞した両親から「帰ろうか」と促されるまで、僕がずっと座っていたことすら認識できないほどには呆然としていた。 今は映画の鑑賞から数時間が経過した状…

映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 人間とは不思議なもので、当たり障りのない普通の日々を過ごしていると月イチほどのペースで突然「これやりたいな」という衝動に駆られることがある。 ちなみに僕の場合は主に『納豆食べたい欲』である。その欲求はとてつもなく…

映画『ダイナー』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 今回鑑賞したのは、つい先日公開したタイムリーな映画『ダイナー』である。 なぜこれほど早いタイミングで鑑賞に至ったのかと言えば、何を隠そう自分自身が漫画版『ダイナー』の愛読者であるからだ。 何ヵ月か前だったか、映画化…

映画『ミックス。』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 今回鑑賞した映画は2017年に公開された『ミックス。』である。 実はこの映画、僕が観るのは3度目である。しかもその内の2回は劇場で観ているため、実質的には『ミックス。』ヘビーユーザーの感も否めないのだが、それは置いてお…

映画『スノーマン 雪闇の殺人鬼』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 『スノーマン』。字面だけを切り抜いて見れば、さながらRPGのザコキャラのようにも、ご当地のゆるキャラのようにも取れる、実に可愛らしいネーミングだ。「あ!スノーマンだ!スノーマーン!」とスノーマンに近付いてくる子ども…

映画『TAG タグ』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 日本男児なら誰しも、幼少期に『鬼ごっこ』という遊びをやったことがあるはずだ。 20歳を超えた今改めて思い返すと、馬鹿馬鹿しい遊びである。タッチされた人は子を追いかけ回し、それをただ半永久的に繰り返すだけ……。 それだけ…

映画『僕に、会いたかった』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 『田舎を舞台にした映画は動員が伸びやすい』という話を聞いたことがある。 理由は単純で、「地元が取り上げられてるなら観に行くか」と思わせられるからである。もっと言えば地元のローカルテレビや地方新聞、更には駅や施設に…

映画『グリーンブック』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 昨年のアカデミー賞。『ボヘミアン・ラプソディー』や『アリー スター誕生』を退け、見事大賞を獲得したのは『グリーンブック』だった。 僕は結果を見て、大層驚いたのを覚えている。「大賞はグリーンブックです!」。審査員長の…

映画『リバーズ・エッジ』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 始めに結論を書いておくが、今まで何度も映画レビューを行ってきた当ブログにおいて、僕は初めて星5つの最高評価を下すつもりでいる。 映画『リバーズ・エッジ』を語る際には、映画とは関係のない部分にスポットが当てられること…

映画『祈りの幕が下りる時』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 僕がこの映画を観るのは2回目なのだが、最初に劇場にて鑑賞した際「これは今年のベスト映画だ!」と持て囃したのを覚えている(結果としてはカメ止めが断トツ1位だったが)。 昨年は僕の人生において、最も映画を観た年だったと…

映画『ALONE』レビュー

こんばんは、キタガワです。 世の中には『戦争映画』というジャンルの映画は数あれど、正直やり尽くされた感があると思うのだ。 「我が国のために命を捧げます!」「愛すべき家族が待っているんだ!」と孤軍奮闘し、結果としてお涙頂戴の結末を迎える戦争映…

アカデミー賞受賞作を全部見た人間が、今年の選考結果を深読みする

こんばんは、キタガワです。 アカデミー賞授賞式が先ほど終了した。名だたる映画5作品のうち、最優秀作品賞は『万引き家族』と相成った。 今回はそんなアカデミー賞授賞式についての話。受賞した5作品を全て鑑賞した僕個人の視点から見た、今年のアカデミー…

映画『ディープ・ブルー』レビュー

こんばんは、キタガワです。 今回鑑賞した映画はサメ映画の金字塔との呼び声高い『ディープ・ブルー』である。 ディープ・ブルーは1999年(約20年前)公開の映画で、ジョーズと並んで『2大サメ映画』と言われているほどに、今なお絶大な人気と知名度を獲得し…

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』レビュー

こんばんは、キタガワです。 昨年のアニメ映画界は、正直あまり話題にならなかった印象が否めなかった。比較するのも申し訳ないが、それこそ数年前の『君の名は。』や『この世界の片隅に』のような、映画業界全体を引っ張っていくような作品には巡り会えなか…

日本アカデミー賞優秀賞。映画『孤狼の血』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 『日本アカデミー賞』なる賞がある。これは年内に上映された映画の最高峰を決めるもので、映画界における最高の名誉のひとつだ。中でも優秀作品賞は、大きな期待と称賛と共に世の中に広がっていく。そこからDVDや原作小説の更な…

映画『十二人の死にたい子どもたち』をボロクソに叩く~死ぬのは簡単なことではない~

こんばんは、キタガワです。 かねてより豪華俳優陣や若者の自殺に焦点を当てたストーリー、橋本環奈の起用と、とてつもなく期待値が上がっていた『十二人の死にたい子どもたち』を、公開初日に観てきた。 最初に結論を書かせてもらうが、とんでもない駄作だ…

映画『ファイナル・デッドブリッジ』感想(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 2011年公開のホラー映画であり、全5シリーズから成る『ファイナルデッド』シリーズの最終作である。今回の記事では前4シリーズに関してのレビューは省いた状態で、最終作である『ファイナル・デッドブリッジ』のみの紹介を行う所…

映画『鑑定士と顔のない依頼人』感想(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 つくづく思うのだが、男はみな馬鹿である。生まれつき遺伝子レベルで刻み込まれていると感じるほど、皆一様に馬鹿である。 一方で、女性は計算高い一面が伺える。男のように短絡的な思考をしているわけでもないから、感情の起伏…

映画『君の名前で僕を呼んで』感想(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 あなたは10代の頃、どんな子どもだったか覚えているだろうか。 例えば親から「勉強しなさい」と催促されて怒ったり、たった一度のケンカで友人と疎遠になってしまったり。些細なことにやきもきすることが、山ほどあったと思う。 …

映画『勝手にふるえてろ』感想(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 2018年度、脚本書いた人の頭の中見てみたい映画No.1。 あのね、とんでもないんですよこれ。本当に意味分からん。そんなチープな感想しか出てこない。一日中コトコト煮込んだ鍋にチョコとデスソースぶちこんだレベルで狂った映画…

映画『ジグソウ ソウ・レガシー』感想(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 『SAW』という作品がある。海外の人気ミステリー映画であり、1作目が1億円を超える大ヒットを飛ばしたことでも知られる。後に6作まで公開されるのだが、『SAW ザ・ファイナル 3D』なる作品を最終作とし、長い歴史に幕を下ろした…

映画『アデル ブルーは熱い色』感想(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 2013年公開のフランス映画。カンヌ映画祭でスティーブン・スピルバーグが大絶賛していて、当時パルムドール(今年は万引き家族が受賞)を受賞したアレである。当時いろいろと話題になっていた今作を、やっと観ることが出来たので…

映画『レッド・スパロー』感想(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。 いやー、面白かった。何というか、少しエロ目的で借りた僕を殴ってほしい気分。 今回紹介するのは洋画『レッド・スパロー』である。 主人公がスパイの映画というのは世の中にたくさんあるのだけれど、この映画は女性が主人公。ち…

映画『日日是好日』感想

こんばんは、キタガワです。 映画館を出た僕は、まるで立ち込める霧の中から、久方ぶりに外へ出たかのような気持ちになった。 もう最初に書いてしまうが、この映画は問題作である。おそらく今年のアカデミー賞で名前が上がる可能性大の作品だとは思うのだが…