キタガワのブログ

島根県在住。音楽ライター。執筆依頼は適当な記事へのコメントでお寄せください。

ブログの記事中に表示される自動広告が多すぎて外したい件

こんばんは、キタガワです。


最初に断っておくが、これは単なる愚痴記事である。根本的な解決策は何も提示しない。ただひたすらに思ったことを書き殴る記事になるだろう。


僕がブログの執筆を初めて1年が経った。アクセス数も増え、コンスタントに記事を投稿する習慣も身に付いてきた。数時間と何千文字を費やし、やっと出来上がるひとつの記事。そんな記事を積み重ねて形成された『キタガワのブログ』を読むたびに、「本当によく頑張ったな」という感慨深い気持ちになる。


しかしこの1年は、嬉しいことばかりではなかった。アクセス数ゼロから始まり、一銭にもならない活動を暗中模索してやってきた。なかなか伸びないアクセス数。アンチコメントに精神を蝕まれながら。他の人がゲームや遊びに興じている中。誰にも見向きもされない穴の底で、必死に記事を量産してきた。


そして今では1日あたり、缶コーヒーを1本買えるほどには収入が入ってくるようになった。今では愛着が沸き、「このブログは一生書き続けていきたい」と心から思えるほどだ。


しかしながら愛着が沸き出すと、何かしらの不満点も目につくようになる。そのひとつが『広告』である。


当ブログではご存じの通り、記事内に広告を貼り付けている。これはかつて「ブログで飯を食えるようになりたい」と思い立った僕が、Googleアドセンス審査Pinコード入力等、険しい旅路の果てに辿り着いたものである。


広告は『自動広告』を選択し、ヘッダーやフッタ、タイトル下など、様々な箇所に広告を設置した。


この時点で強く主張しておきたいのが、『読者にとって邪魔にならない箇所に設置した』という事実である。記事の進行を阻まないタイトル下などはまだいい。だが、記事内に広告は絶対に入れたくなかった。


この事実を踏まえて、今の当ブログの状態を見てみよう。そう。記事内に大量の広告があるのである。


僕はひとつの記事の文章量が多いブロガーである。2000文字超えは日常茶飯事で、酷い場合は1万字を超えることもある。そんな中に3つも4つも広告広告広告。しかも文章の流れをあえて阻害するかのような悪質な箇所に貼ってあることさえある。


ちなみに最も文章量の多い記事においては、なんと7つもの広告が貼ってあった。もはや記事を読ませたいのか、広告収入を稼ぎたいのか分からない作りと化している。


この文章を読んでいる大半は、実際にブログを執筆している人だろうと思う。もちろんお金は大事だ。収入無くしてはモチベーションが上がらないのは、重々承知である。


だが考えてほしい。収入よりも記事の内容の方が、100倍も1000倍も大事なはずだ。


寝る間も惜しんで書いた文章。悩みに悩んで書いた文章。心が折れそうになりながら続けた文章……。それを蔑ろにしてまでの収入なら、僕はいらない。


対してGoogleは「じゃあ外せよ」といった偏った回答しか寄越さない。調べた結果、自動広告では必ず文中に広告が入り、しかもその個数は勝手に変動するのだそうだ。「文中に入れたくないなら自動広告やめろよ」と、要はそういうことである。


しかしながら、一度思い返してみてほしい。自動広告を推奨したのは、Google側ではなかったか?「より良い広告を貼れます」と、「あなたに沿った広告を自動で考えます」と。メリットを前面に押し出した営業トークでもって僕らを言いくるめた犯人こそ、Googleそのものではなかったか。


これではいわば詐欺に近い。僕らブロガーのニーズに合わせた最適な『自動広告』を、強く求める次第である。


僕がブログの広告を全廃止する日も、そう遠くないかもしれない。その際はまた報告したいと思っているが、出来ればそうはしたくない。双方が納得出来る折衷案を出してくれれば良いのだが。


……これで僕の伝えたいことは全てだ。読者貴君はこの件について、どう思うだろうか。公開した後に読み返したところ、この記事には3つの広告が貼られていた。これを多いと感じるか、少ないと感じるか。良ければ読者貴君の意見もお聞かせ願いたい。

 

さて、全体通して堅苦しい文章になってしまった為、最後は極力可愛い言葉でもって締め括りたいと思う。

f:id:psychedelicrock0825:20190218231512p:plain
むぅーっ!怒っちゃうぞー!ぷんぷん!