キタガワのブログ

島根県在住。目標は音楽ライターであり、ブロガーではありません。

情報系YouTuberのサムネイルがイラつく

こんばんは、キタガワです。


最近「テレビがつまらなくなった」と聞く機会が増えてきた。そう発言するのは主に中高生。今ではテレビを全く観ない人や、何ならテレビそのものが存在しない家庭なんかも増えてきている。


そんなテレビに代わる媒体として注目されているものこそが、YouTubeである。


通信制限がかからないWi-Fiが日常的に使われるようになり、YouTubeの利用は爆発的に広がった。街中ではフリーWi-Fiを用いて動画を観ている人が当たり前のように散見される。


もはや現代はYouTube社会と言っていい。そりゃ紅白歌合戦もMステも、閲覧数の高いバズったアーティストばかり取り上げるし、キンコン梶原や草なぎ剛もYouTuberに参入するというものだ。


「そういう時代になってしまった」と言えばそれまでだが、その方が観られやすいし、若者にも届きやすい。非常に利にかなったやり方とも言えるだろう。


そんなYouTubeだが、もちろん僕も利用している。しかし最近、特定のものを調べるたびにムカッ腹が立つことがある。

 

f:id:psychedelicrock0825:20181220181545j:plain


それこそが『情報系YouTuber』の存在である。


情報系YouTuberとは、サムネに文字をでかでかと貼り付け、いざ再生すると文章とBGMのみで淡々と進行するタイプの動画のことをいう。……というかこの表現で正しいのかもわからないのだが、今回はそんな動画を『情報系YouTuber』として定義して進めていきたい。


何なんですかね、あのサムネイルから溢れ出す嫌悪感は。全身がゾワゾワする感覚というか。とにかく僕はああいったサムネを見るだけで「うわっ」となるのである。


……というわけで今回は、『情報系YouTuber』などというクソ動画が流行った理由と、そんな動画の問題点について分析したいと思う。


それではどうぞ。

 

流行った理由①……タイムリー

情報系YouTubeの売りは、そのスピードにある。僕自身もブログを続けていて思うことだが、やはりネットの情報が出た後、それを見てすぐに投稿した記事は間違いなくヒットする。そういう意味でのタイムリー(タイミングが良い)である。


流行った情報に焦点を当てた記事は、当時は一日の平均PV数の100倍近い閲覧があったことを覚えている。要はそれほどまでに今のネット社会においては『速さ』が最重要であり、それに勝るものはないのだ。


さて、情報系YouTuberはどうだろう。動画を観てもらえれば分かる通り、その構成は至ってシンプルだ。まずサムネイルは、Google検索で芸能人の顔写真をダウンロードして貼り付け、文字を追加するだけ。時間にすれば15分もかからない。内容に関しては言わずもがなで、著作権フリーの音楽を設定し、後はネットに出ている情報をコピペし、文体を整えるだけ。


たったこれだけでひとつの動画が完成する。あとはアップすれば終わりだ。全て合わせても30分程度。これほど楽な動画制作もないだろう。


そして速く投稿したことによって、人目に触れる機会も必然的に増えるわけだ。何につけても『速い』というのは絶対的アドバンテージになりうるから、アクセスが集まりやすくなる。

 

流行った理由②……稼げる

これは前述した『タイムリー』とも関わってくるのだが、情報系の動画はとにかく稼げる。


考えてもみてほしい。上記のように、タイムリーな情報を僅か数十分で作れるわけだ。……とすると、1日あたり、頑張れば数本作ることだってできる。


そうなると1本1本の単価は少なくても、複数あれば合計収入は計り知れないものになる。これは明白だ。


確認してみると、情報系動画の有名どころである『トレンドゴシップ談話会』は、1日あたり5本~7本の動画を投稿していた。


ひとつひとつの再生数が10万だとしても、それが7本だから合計70万回の再生数となる。雑に見積もっても日当7万円くらいか。同じペースで続けていけば、単純計算で月収210万。……もちろんこれは推測に過ぎないが、どちらにせよ『稼げる』というのは間違いないだろう。

次に情報系YouTuberの問題点を見ていこう。

 

問題点……利益最優先。事実とは異なるサムネと内容

Wikipediaでもブログでもよく言われているが、ネットに出回っている情報は、全てが正しいものとは限らない。


そして情報系YouTuberの場合、こういった事実誤認が非常に多い。多すぎる。これが唯一の大きな問題点である。


近年『ネットビジネスにおいては過激なサムネイルが一番アクセス数が稼げる』と言われている。例えば『ドリアン食べてみた』というサムネイルよりも、アクセス数を稼ぎやすいのは『激マズ!』や『もう一生食べない!』というもの。


極端な話、サムネイルひとつで人を惹き付ける必要性があるわけだ。だからこそサムネイルは最重要。ここをまず覚えておいてほしい。


さて、そうした考えを踏まえると、動画のサムネイルは過激化せざるを得ない。特に情報系YouTuberは。


上の画像は、YouTubeで『上沼恵美子』と調べた結果である。上沼恵美子といえば最近のM-1での騒動が話題となっており、おそらく『上沼恵美子』と検索する人の大多数は、この情報を求めて検索していることだろう。

 

f:id:psychedelicrock0825:20181220181545j:plain


上の画像を見て、どう思うだろうか。


はっきり言って、これらの情報は全て嘘である。様々な情報を調べてみたが、島田紳助が「貴様ら芸人やめろ」と言ったなんてどこにも書いてないし、松本人志の発言も同様である。


これらは全て嘘で塗り固められている。全てが嘘。あまりにも酷い諸行だ。


しかしこの動画を鵜呑みにする人だっているはずだ。事実、この動画は何十万ものアクセス数を記録している。実際に松本人志が「二度と顔見せるな」と言ったように感じる人も何万人といるはず。でもそれはおかしいと思う。事実ではないのだから。

 

終わりに

さて、いかがだっただろうか。駄文乱文で申し訳ないのだが、情報系YouTuberが流行った理由と問題点について、少しでも理解していただければ幸いである。

 

皆さんはこういった動画に対して、どのような思いを抱いているだろうか。僕個人としては、こういった情報系YouTuberを見るたびに、とにかくイラついてしまう。間違った情報もさも事実のように垂れ流し、悪びれもせず大量の情報をアップする……。

 

情報は事実であるからこそ『情報』たり得るのであって、そこに金目的やガセ情報の臭いを感じた瞬間、一気に嫌悪感を覚えるのだ。だからこそ今回の記事を書いたわけだけれど。

 

僕自身が昔の人間だから仕方ないのかなとも思うが、何というか「こんな時代になってしまったんだな」といった気持ちだ。

 

これからは更にこういった動画は増えていくだろうな、と思う。