キタガワのブログ

島根県在住。文筆。rockinon.com外部ライター等。

向井秀徳との疑似恋愛ストーリーを体験できる、CHAIの新曲“ACTION with ZAZEN BOYS”に酔え

こんばんは、キタガワです。
 

動画を再生した瞬間から最後まで、ここまで笑いが止まらないMVを観たのは随分久々なような気がする。前向きな精神性で海外人気も上昇中のポップマイスター・CHAIと、放浪的にロックを鳴らすNUMBER GIRLとZAZEN BOYSのフロントマン・向井秀徳。CHAIからのオファーによってもたらされたよもやのコラボは結果として、とてつもない化学反応を生み出したと言える。

 

f:id:psychedelicrock0825:20211216030905j:plain

CHAI Official


この楽曲に触れる前に知っておくべき情報があるとすれば、それは両者の音楽性だろう。CHAIは常にポジティブに世間の「こうした方がいいよ」といった同調圧力に切り込み、個人の行動の素晴らしさについてポップに鳴らすバンド。対して向井は切れ味鋭いギター演奏を武器に、歌うというよりは朗々と語る独自のボーカルが持ち味のロックスター。方向性も音楽性も異なる2組がこうしてコラボレーションを果たすことは正直予想もしていなかったし、それぞれのファン視点からしても「どんな楽曲ができるんだ……」と様々な思いを巡らせたことだろう。


そうしたファンの思いをよそに、およそ圧倒的なまでの意外性で降臨した今回のMV。まず音楽性については極めて向井色が強い作りになっているのが面白く、タイトルに『with ZAZEN BOYS』と記されていることからも分かる通り、終始テレキャスターらしきギターが鼓膜を刺激するサウンドはもちろん、ボーカル面に関してもどことなくZAZEN BOYSを彷彿とさせる。そんな中でCHAIの強みが活かされているのはやはりサビ部分で、メンバーによるコーラスとキャッチーなメロを聴いていると「確かにこれはZAZEN BOYSでは出来ないな」と思ったり。今回の楽曲がこうした形に落ち着いた理由を考えると、おそらくはCHAI側が向井を深くリスペクトし、彼らしいサウンドを突き詰めた故なのだろう。ある意味ポップを地で行くCHAIとしてはかなりの意欲作となったけれど、CHAIの新たな扉を開いた感もありとても素晴らしい楽曲だと思う。

 

CHAI ACTION (with ZAZEN BOYS) - Official Music Video - YouTube


そして取り分け向井秀徳リスナーにとって最高の代物として映るのは、まるで向井との疑似恋愛ストーリーが体験できるMV。メンバーに大量の荷物を持たされたり、二人乗りの自転車で爆走したり、プリクラを撮ったり……。その姿は仏頂面で世間を見詰める我々が知る向井とは一線を画すもので、更にはこれらの映像が今作のサウンドに合わさったとき、それこそZAZEN BOYSで繰り返し体現されてきた『ロックの中に潜む異物感』も強く感じた次第だ。……元々向井は神聖かまってちゃんや折坂悠太といった若手アーティストと意欲的に交流していたのでコラボと聞いて驚きこそ少なかったが、ここまで爆発的な代物を観れば話は別。よくぞここまで、というのが正直な感想である。


MVの意外性と楽曲の求心性を武器に、今も閲覧数を伸ばし続けている“ACTION with ZAZEN BOYS”。交わることがないとされていた両者の歩みが揃ったとき、誰もが予想し得なかった楽曲が誕生したことには当然嬉しいものがあるし、「この爆発力を受けて今後CHAIと向井にスポットが当てられる日も近いのだろうな」と思うとこれまた、最良のコラボだったとも。……まだ公開されて間もない新曲ではあるが今後もその飛躍ぶりは留まらないはずなので、その光景な是非とも、家の窓から花火を見るような感覚で眺め続けていたい。