キタガワのブログ

島根県在住。極力誰とも関わりませんので悪しからず。目標は音楽ライターであり、ブロガーではありません。

映画『新聞記者』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。


上映が終わった後、僕はしばらく映画館の席から立てないでいた。一緒に鑑賞した両親から「帰ろうか」と促されるまで、僕がずっと座っていたことすら認識できないほどには呆然としていた。


今は映画の鑑賞から数時間が経過した状態でこの記事を書いているが、現在も「何かとんでもないものを観てしまった気がする」という思いが常に頭を支配している。

 

f:id:psychedelicrock0825:20190717234627j:plain


最初に書いてしまうが、この『新聞記者』という映画は大問題作である。間違いなく今年度の映画の中ではダントツ。それどころか、ここ数年の邦洋全て引っくるめた映画の中でも一二を争うレベルの問題作だ。


今回ダブル主人公を演じた松坂桃李、シム・ウンギョンの2名は特にだが、おそらく今後映画業界で、この『新聞記者』がきっかけである種起用しづらい存在になるのではないかとも危惧してしまう。


では一体何が問題作たらしめているのかと言うと、その正体はジャスト2時間に渡って展開されるストーリー展開にある。


この映画で語られるストーリーはズバリ『日本の国そのもの』である。


松坂は内閣府に務める官房。内閣府の人間というのは、国に最も近いとされている存在だ。そのため書類作成然り、機密文書のファイリング然り、その全ての業務は『お国に尽くす』という忠誠のもと行われる。


対するウンギョンは主に政治家を担当する新聞記者である。汚職問題やレイプ疑惑、浮気調査や記者会見での発言……。スキャンダルがあれば手広く取材してすっぱ抜く、いわば松坂桃李とは真逆の立場にいる人間と言える。


そんな中発生するひとつの事件。松坂は内閣府に暗部がいることを確信するも、『自身の正義』と『国』との狭間で葛藤する。そしてウンギョンも同様に『自身のジャーナリスト精神』と『上の指示』に悩んでいた。


悩んだ末、二人は日本国を根底から揺るがしかねない、ある一大決心を極秘に始動させる……。そんなストーリーだ。


実際この映画は公開されるや否や瞬く間に話題となり、映画評論サイトでは評価数がとてつもない数に達した。レビューに至っては作品の良し悪しに関わることのみならず、左翼と右翼が入り乱れる賛否両論の大激論が巻き起こる事態にも発展した。


だからこそこの映画は『問題作』なのだ。今までどのメディア(特にニュース番組)も語ってこなかったタブーに鋭く斬り込み、今の日本の現状を純度100%で表している。とにもかくにも、期日前投票真っ只中の時期にこの映画が公開されたことは、良くも悪くも大きな意味を持つだろうと思う。


もしもこの映画が日本アカデミー賞にノミネートされたら、何かが変わるかもしれない。そう思ってしまう作品だ。あなたの目にはこの映画はどう映るだろう。名作か、それともクソ映画か。


いずれにしても、観てみなければ分からない。この2019年最大の衝撃は、ぜひ劇場で体験してほしいと切に願う。

 

ストーリー★★★★★
コメディー☆☆☆☆☆
配役★★★★☆
感動★★★☆☆
エンターテインメント★★★☆☆

総合評価★★★★★
(2019年公開。映画.com平均評価・3.8点)

 


映画『新聞記者』予告編