キタガワのブログ

島根県在住。目標は音楽ライターであり、ブロガーではありません。

映画『ミックス。』レビュー(ネタバレなし)

こんばんは、キタガワです。

 

f:id:psychedelicrock0825:20190618013639j:plain


今回鑑賞した映画は2017年に公開された『ミックス。』である。


実はこの映画、僕が観るのは3度目である。しかもその内の2回は劇場で観ているため、実質的には『ミックス。』ヘビーユーザーの感も否めないのだが、それは置いておいて。


さて、昨年あたりから当ブログでは映画レビューを行ってきた。鑑賞した映画は全て文字に起こすことを心掛け、2ヶ月ほど前からは本家の映画レビューらしく『★』での評価基準を追加し、読者が細かく可視化出来るように試みたつもりだ。


実は当ブログにおける映画レビューは、僕の中で「これは譲れない」という絶対の概念が存在する。具体的には総合評価が★2の作品は『平均以下の駄作』。★3の作品は『総合すると駄作だが光るものはある』。★4の作品は『純粋に面白く、観て良かったと思える』だ。ちなみに★1の作品はまだ当ブログで紹介していないのだが、もしも付けるとすれば『時間の無駄』ということになるのだろうか。


そうした評価基準の最高の位置に君臨する★5はズバリ、『何度でも観たくなる映画』を主な基準に定めている。映画館で観た後にDVDを購入してしまったり、友人に勧めたり、ふとした瞬間に観たくなったり……。そんな色褪せない名作にこそ、★5を付ける価値はあると思うのだ。


上記の事柄を踏まえて、今回記事のタイトルに冠した『ミックス。』は文句無しの★5映画であると考える。


まず、ストーリー展開がシンプルかつスピーディー。無駄な部分を削ぎ落とした分かりやすい作りで、異物感一切なしで観ることが出来る。後半における畳み掛けも見事の一言。伏線は全て回収し、なおかつ心踊るシナリオ+グッとくる感動シーンでフィニッシュ。見終わった後には「もう2時間経ったの?」と驚くこと必至である。


『ミックス。』の気になる内容に関して述べると、さながら『エンターテインメントなラブコメ』といったところ。


かつて卓球選手であったがニート同然の生活を送っていた主人公と、卓球クラブの新規会員として入ってきた謎の男。このふたりがミックス(ダブルスの男女版)として絆を深めていくのだが、次第に惹かれ合う関係となる。そこには様々な困難と葛藤が待ち受けており、きっと終盤では感情移入してしまうことだろう。


あと5回は観れる名作。日常的に映画を観ているとつまらない作品に当たることも多々あるが、「こんな最高の作品に出会えるなら、この生活も悪くないな」と思える極上の一作。ぜひ。

 

ストーリー★★★★★
コメディー★★★★☆
配役★★★★★
感動★★★★☆
エンターテインメント★★★★★

総合評価★★★★★
(映画.com平均評価・星3.8)

 


「ミックス。」予告