キタガワのブログ

島根県在住。目標は音楽ライターであり、ブロガーではありません。

菅田将暉のライブチケット争奪戦に敗北した人のブログ

こんばんは、キタガワです。

 

f:id:psychedelicrock0825:20180917222024j:plain


菅田将暉のライブチケット、無理でした。先行で悉く外れていたので分かりきってはいたのだが、最後の望みも潰えたとなると、心にぽかんと穴が空いたような心境である。


今回の記事は、そんな僕の恨みつらみをただ書き殴るだけの、何の役にも立たない代物である。


そもそもの発端は、8月3日に公式ホームページにて突如発表された『菅田将暉プレミアムライブ』だった。


俳優として有名な菅田将暉だが、ここ最近は歌手としての存在感もより強めている。シングル『さよならエレジー』は数週間に渡ってCDランキング1位をキープしていたし、新作『ロングホープ・フィリア』も同様にオリコンチャート上位に食い込んだ。売り上げも世間の知名度も、極めて高かったといえよう。


そんな彼のライブとあって、争奪戦は避けられないだろうという予想はしていた。


会場はリキッドルーム。前回のツアー会場である名古屋、大阪、東京ではキャパ500人程度のライブハウスだったのだが、今回のハコは精一杯機材をどかしたとしたら1000人入る大きさだ。しかし収容人数が倍近くになったとはいえ、決して人気に見合う会場設定とは言えなかった。


これはおそらく菅田将暉自身が以前より言っていた「小さい会場でやりたい」という意志が働いたものだと想像するが、それにしたっておかしい。


僕は声を大にして言いたい。今回のライブは、需要と供給が全く成立していないライブであると。


例えば『ロングホープ・フィリア』だけで見ても、8月末の時点で売り上げは67888枚なのである。ちなみにこれには、CDレンタルやダウンロードなどは含まれていない。『CDを買った人』だけで、こんなにもいるのである。


もちろんこれは今回のシングルに限った話だ。他のシングル『さよならエレジー』、『見たこともない景色』、『呼吸』、さらにはアルバム『PLAY』も含めると、とんでもない数になるだろう。


ここでもう一度考えてみてほしい。前述したようにリキッドルームのキャパは1000人。こんなの無理ゲーである。ちなみに前回のライブは倍率が25倍だったそうだ。なぜ所属会社はこの盛り上がりを予想できなかったのか。せめて日比谷野外音楽堂とか日本武道館とか、それくらいのキャパでやるべき代物だと思うのだ。


蓋を開けてみれば、チケットは一瞬でソールドアウト。10時に発売開始をして10時1分には売り切れていたらしい。ほら見ろ。やっぱり無謀だった。


……まあ、それはいいとする。ただ単に僕のチケット運がなかっただけの話だし、他にも悲しい思いをしている人は何万人単位でいるだろう。くよくよしたって仕方ない。


で、ここから話は変わるのだけれど。


果たして今回のライブ、純粋なファンは何人いるのだろうか。


……チケットが外れた僕は、意気消沈していた。チケットは取れなかった。もう行くことは出来ないとバッサリ切り捨てられた。でも同時に「諦めきれない。どうしても行きたい」という思いもあった。そこで『菅田将暉 チケット』で検索し、一縷の望みを探した。


そこで出てきたのがこれである。

 

f:id:psychedelicrock0825:20180917222052p:plain


チケット、10万円。


こんな悲しいことはない。みんなが行きたいライブ。泣く泣く諦めたライブ。でも諦めきれないライブ。そんな僕らを横目に、嬉々として金儲けを企んでいるやつがいるのだ。心底絶望した。


そして『俳優・菅田将暉』しか知らないファンでも、当選した人だっているはずだ。その人はちゃんとCD買ったのか?曲を聴いてるのか?サビだけでも歌えるのか?まさかTwitterやラインのアイコンを菅田将暉にしといて、全く曲を知らないなんてことはないよな?


そう考えるたびに、なんとも言えない気持ちになる。


というわけで言いたいことはひとつ。本当の『ミュージシャン・菅田将暉』のファンの皆さん、11月15日、楽しんできてください。


僕は当日、Twitterでエゴサーチしながら遠くで見守っています。

 

2019年6月11日 追記

f:id:psychedelicrock0825:20190612002115j:plain

 

あの後ファンクラブに入ったのですが、普通に次のツアーも落選しました。本当にありがとうございました。