キタガワのブログ

島根県在住。文筆。rockinon.com外部ライター等。

サプライズ、ぶっつけ本番、ドッキリ要素を駆使したアーティストのMV5選

こんばんは、キタガワです。


アーティストにとって今や音楽と同レベルで重要な要素となっているミュージックビデオ(MV)。故にレーベルの誰しもが閲覧数を高めようと試行錯誤を繰り返しているのは間違いないが、昨今ではイラストレーターによる静止画ベースのMVが頻繁にメディアに取り上げられるように、実は「こうすれば絶対にバズる」と考えられる作りはほとんどない。


ただ100%ではないにしろ明らかに閲覧数が伸びる作風というのもある程度は存在していて、そのうちのひとつが今回取り上げる『意外性のある描写』を多く含んだMVだ。以下、主にサプライズやぶっつけ本番シーン、更にはドッキリ要素をふんだんに使用した邦洋のMVを5つ紹介。その衝撃的な内容に目を凝らすと共に、まだ見ぬ音楽への入り口として是非とも活用してもらいたい。

 

 

Sugar/Maroon 5

f:id:psychedelicrock0825:20210812002801j:plain

20年にも及ぶマルーン5の活動で名実共に最も爆発的人気を博した楽曲、それこそがYoutube上で35億再生を記録した“Sugar”であることはもはやわざわざ記すまでもないほど有名で、ここ日本でも何度もCMソングに起用されている関係上、マルーン5を聴いたことのない人でも「この曲は聴いたことある!」という人も多いはず。そんな“Sugar”が絶大なブームを引き起こした理由については本人たちも語っているようにMVの内容によるところも大きく、その内容は『マルーン5が様々な結婚式にサプライズ出演する』という衝撃的なもので、もちろん誰がライブを行うのかすら一切知らされていない参加者は一様に大興奮。今やマルーン5は全世界トータルセールス1億1000万枚超えのスーパースターだが、そんな彼らが現れた瞬間に満面の笑顔を見せる人々には要注目で、思わずこちらも嬉しくなってしまうほど。


なおこのMVについては、以下のYouTubeオリジナルコンテンツ動画『Sugar : マルーン5』(全編字幕対応)でも見ることが出来る通り、マルーン5に是非ともサプライズで演奏してほしいという多数のファンをスタッフが選別し、選ばれたファンの元に本当にマルーン5が赴く形で行われた。……総じて“Sugar”の成功が真摯なマネージメントによるところは間違いないが、2017年にそのマネージャー・ジョーダンが急逝。今年に入ってマルーン5は悲しみの中、彼のニックネームを冠した最新アルバム“Jordi”をリリース。今は亡きジョーダンが関係各所に連絡を送ったお陰で作り出されたという意味を考えると、この“Sugar”は改めて深みを帯びてくる。

 

Maroon 5 - Sugar (Official Music Video) - YouTube

 

Maroon 5 surprise a teen for the party of the year! - YouTube

 

 

フカンショウ/Panorama Panama Town

f:id:psychedelicrock0825:20210812002818j:plain

神戸大学の軽音楽部にて結成されたロックバンド、Panorama Panama Town(旧バンド名:パノラマパナマタウン)。彼らがメジャー一発目となる記念すべきアルバム『PANORAMADDICTION』のリード曲として公開したのが、エネルギー全開のファストチューン“フカンショウ”。《誰々っぽいとか何々っぽいとか どの界隈とかノンジャンル/知らねえよ!》など楽曲に点在する強い口調のフレーズに顕著だが、この楽曲では遂に念願のデビューを果たした彼らが抱く「ガンガン突き抜けていくぞ!」との思いを体現した楽曲になっていて、MVに関してもそんな彼らの愚直さを表すように、事前にどのようなことをやるかをほぼ知らされない状態での撮影となった。


もちろんそんな撮影がカオスにならないはずがなく、スモーク噴射やパイを投げつけられたりとおそらくは本人たちが思うよりも過激な仕上がりになった……というのは是非とも実際のMVを観てもらいたいところだが、やはりメジャー一発目の会心の一撃としてこの“フカンショウ”をノーカット、事前情報なしのスタンスで駆け抜ける姿は何よりの最適解であったようにも思う。現在、パノパナはパノラマパナマタウンからPanorama Panama Townへとローマ字表記に変え、疾走感溢れる楽曲以上に深みを帯びた“Sad Good Night”、爆音ギターが轟く“SO YOUNG”など更なる一面を見せることで、より一層の飛躍を遂げんと奮闘中。当然ながら比較的新しい楽曲の増加と共に“フカンショウ”は次第にセットリストから外されつつあるが、こうしたニューモードを見せるスタンスも、ある種パノパナらしい。

 

パノラマパナマタウン「フカンショウ」Music Video - YouTube

 

 

ザ・ゴールデン・ヒストリー/ももいろクローバーZ

f:id:psychedelicrock0825:20210812002842j:plain

愛すべき桃色戦隊・ももいろクローバーZ。今でこそロックフェスや各種媒体への精力的な出演、つい最近では某野球選手の名前を大胆に用いたニューアルバムリリースなどおよそアイドルとしての枠組みを完全に破った感もある彼女たちだが、かつてももクロは直前になっても企画を知らされないドッキリ系アイドルとして、バラエティー番組出演時代は取り分け注目される存在だった。以下の“ザ・ゴールデン・ヒストリー”もそうした時分に投下された楽曲であり、MV撮影をすること以外の情報を一切知らされていないももクロメンバーが、スタッフの指示に従って課題をひたすらこなし続ける内容になっている。ただ単なるドッキリで終わらせないのもやはりももクロで、福澤朗の名実況をバックに泥だらけになったりお笑い芸人のコロッケと謎の暴君の襲来と共に、ラストはファンが皆声を出さない連帯感からの完全シークレットライブが行われる急展開で、最後まで飽きさせない作りは見事の一言だ。


なお余談だが、意外にもMV内でドッキリが敢行されたり、ファンが介入するのは“ザ・ゴールデン・ヒストリー”が初で、タイトルに冠されている『ザ・ゴールデン・ヒストリー』に関してもゴールデン番組のバラエティーを意識したものであることが後の関係者によるインタビューで明かされた。現在でも多くのライブで披露される定番曲となっているが、それもももクロがかねてより抱き続けている「みんなを笑顔にしたい」思いが強く詰まっているからこそだろう。先日、メンバーのうち2名が新型コロナウイルスに感染したことが報道されたが、是非ともこの楽曲をライブで再び聴ける日を待ち続けていきたい。

 

【ももクロMV】ザ・ゴールデン・ヒストリー / ももいろクローバーZ(MOMOIRO CLOVER Z/THE GOLDEN HISTORY ) - YouTube

 

 

愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ/でんぱ組.inc

f:id:psychedelicrock0825:20210812002914j:plain

メンバー一挙増員、5名から10名体制(古川は現在産休中)となり新境地へと達したでんぱ組.incのもはやお馴染みとなったライブアンセム。それこそが“愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ”である。MVは撮影中に突然監督からカットがかかり、以降は現状が全く理解できないまま、メンバーがスタッフの出すお題に従って次々進んでいく形で進行していく。その大まかな流れとしては上記のももいろクローバーZ“ザ・ゴールデン・ヒストリー”と似た部分はあるが、開幕の「でんぱ組.incの現在のメンバーは6人である」とする誰でも分かるはずのマルバツ問題で、勢いよく「○」と答えたメンバーが不正解になるよもやのワンシーンをはじめ、ゲームに敗北したメンバーが罰ゲームを敢行されつつ進行する点も含めて、また違った印象を受ける。


冒頭の「でんぱ組.incの現在のメンバーは6人である」との問題が不正解となった理由……。それはタイトルにも掲げられている通り、でんぱ組.incが今曲で提唱する「でんぱ組.inc=この6人と地球にいるみんな」であるため。ただ結果1年後には成瀬が脱退し5名となり、新規メンバーを増やして10名となった点も合わせて目を向けてみると、言わば「応援してくれる人がいる限りでんぱ組.incは永遠に不滅である」という信念さえも感じられ、感動的に映る。なお余談だが、中盤に挟まれるダーツのシーンはメンバー増減に合わせて親睦を深めるために行われる恒例行事であり、ファンにとって思い入れのあるでんぱ組.incの転換点となっていることは特筆しておきたいところ。

 

[字幕]でんぱ組.inc「愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ」Music Video/덴파구미.inc「사랑이 지구를 구할거야 ! 그야 덴파구미.inc는 패밀리잖아」MV - YouTube

 

 

小さな君の手 ~ maximum the hormone/マキシマム ザ ホルモン

f:id:psychedelicrock0825:20210711004901j:plain

去る2011年2月3日。突如YouTube上で公開された“小さな君の手”~ “maximum the hormone”の最狂コンボから織り成された賛否両論の一部始終を、きっとロックに詳しいライブキッズなら今でも鮮明に回顧出来るはずだ。……しかしながらこの話を進める前にはまず、ホルモンが当時どんな状況下にあったのかを説明する必要があるだろう。端的に言ってしまえばちょうどこの楽曲リリースがアナウンスされた瞬間、ホルモンへの注目度は爆発的に高まっていた。というのもそもそもシングル『爪爪爪/「F」』以降の楽曲リリースは約2年半の間なかったし、ダイスケはんの声帯に出来たのう胞の除去手術の関係でライブキャンセル、マキシマムザ亮君のインフルエンザ感染でフェス出演キャンセルなど様々な出来事の果てにライブ活動が休止となってから、初めてのアクションであったためである。必然ファンからは「どんな楽曲が来るんだろう?」とのソワソワした感情が生まれ続けていた訳だが、そんな折に投下されたのが“小さな君の手”だったのだ。


“小さな君の手”は晴れて子どもを出産したナヲの心情を表した軽やかな展開で紡がれる、FUNKY MONKEY BABYSを意識したポップソング。ただデスボイスもギターもないそれは「やっとホルモンの爆音のロックを聴ける!」と心震わせていたファンからは悪い方面で予想外な代物でもあった。そしてその数日後、未だ続くファンからの悲痛な言葉の数々を嘲笑うかのように投下されたのが、更なる爆弾“maximum the hormone”。つまり一連の流れは亮君手動で行われた『油断させてからドン』の二段構えで、我々が完全に亮君の掌の上で踊らされていた……言わば逆ドッキリだったのである。以下の“小さな君の手”と“maximum the hormone”が対になったMVと、ファンの反応を見て爆笑するホルモンメンバーの様子を収めた動画を見ながら、その練りに練られたマーケティング戦略に度肝を抜かれてほしい。

 

マキシマム ザ ホルモン 『小さな君の手』~『maximum the hormone 』 Music Video (再UP) - YouTube

「小さな君の手」の感想BBSをリアルタイムに読むホルモン - YouTube

 

 

 

アーティストをアーティストたらしめる音楽は当然として、その外部的要因にも注目が集まる現在。例えば特定の人物を指す「○○(アーティスト)が好き!」との言葉だけを切り取っても、それが果たして音楽なのか、MVなのか、容姿なのか、はたまた本人のSNS上での呟きなのかが一度聞いただけでは分からないことも増えてきた。これについては正直「時代が変わった」の一言で一蹴可能なものであるとは思うし別段異論を唱えたい訳ではないのだけれど、 それこそ一昔前の我々が名も知らないアーティストのCDをジャケ買いしたり、ラジオから流れてきた音楽を聴いて興味を抱いていた頃とは形式も何もかもが変化しつつあるのは明白。


そして現在、音楽とほぼ同程度に注目されているものがMVであることも疑いようのない事実。然程知られていない事柄ではあるが、YouTube上の動画であれば広告が1度表示されれば広告単価にもよるが基本的に1~1.5円程度の収入が手元に届くシステムになっているため、この動画をワンクリックしてもらうだけでアーティスト側に利益が出る。我々にとって見てもYouTube上に上げられているMVならばパッと観ることが可能だし、何より無料だ。サプライズ系の番組を好む人、意外性のあるMVを観たい人など世の音楽好きにも様々あるが、きっとどんな人たちにも今回取り上げた5つのアーティストのMVは刺さるはず。様々な音楽に興味を持ってもらいたいのはもちろんだが、あわよくば少しでも気に入ってもらえれば他のMVにも目を向けたり、サブスクやCDショップで手に取ってもらいたいと強く願っている。そうすれば間違いなく、新たな音楽の素晴らしさへの気付きが生まれるはずだ。