キタガワのブログ

島根県在住のフリーライター。ロッキン、Real Sound、KAI-YOU.net、uzurea.netなどに寄稿。ご依頼はプロフィール欄『このブログについて』よりお願い致します。

高橋優『初の47都道府県 弾き語りツアー 2023-2024 「ONE STROKE SHOW 〜一顰一笑〜」』@出雲市民会館

去るゴールデンウィーク、高橋優の弾き語りツアー『ONE STROKE SHOW 〜一顰一笑〜』に足を運んだ。タイトルにも冠されている通り、今回のツアーは高橋にとって初の47都道府県ツアー。それも全公演が『ONE STROKE(ひとつの弦を弾く)』……つまりは高橋優ひとりきりの弾き語りスタイルで構成され、バンドメンバーはゼロとなる。ちなみにこの試みについて高橋は「原点に立ち返る意味合いがあった」と語っていたけれども、47都道府県ツアーということで普段なかなかライブを観れない地方都市としては嬉しいサプライズ。結果県外勢を含む多くのファンが会場に集結するに至った。

会場に入ると3本のギターの他、簡単な椅子とテーブルが目を引く配置。背後には英語表記で今回のライブタイトルが大写しにされた電光掲示板が映し出されており、曲ごとに色を変える仕組みだ。ちなみにテーブルの上にはポットと湯のみが置いてあるくらいで、上手と下手には何も置かれていない、至ってシンプルなステージである。そしてライブ開始2分前になるとファンがひとり、またひとりと手拍子を始め、いつしか会場全体に伝播。外の気温と同様、にわかに盛り上がりを見せる会場だ。

定刻になると会場……ではなく客席の一部、我々が入場時に使っていた扉にスポットが当たる。何だ何だとざわつくファンをよそにその中から入ってきたのは、なんと高橋優!バンザイをしながら客席を練り歩くように進んでいく姿に、もちろんファンは大歓喜。なおその興奮は高橋も一緒だったようで、ファンと触れ合うあまりステージへの道のりが分からなくなり、端から走ってきたスタッフに誘導される様も微笑ましい。更には客席から「島根にライブしに来てくれてありがとうー!」との声も上がっている。本当に全員がこの日を楽しみにしていたんだなあ。

mada minu seiza - YouTube

拍手が鳴り止まない中、椅子に座ってスタンドに置かれたギターを手にする高橋。切れ味の良いジャカジャカとしたサウンドで手拍子を誘発させると、オープナーはファン人気の高い1曲としても知られる“未だ見ぬ星座”。テーマになっているのは『夢追い人』で、年齢や挫折、様々な理由で諦めそうになる人々への応援歌として作られた楽曲である。ただ根拠もなしに「夢は絶対に叶うよ!」とは絶対に歌わないのが高橋の歌詞の深み。《「いい歳してもう少し現実をよく見なさい」と言ってくる人たちに見せたい景色がある》、《狂いきったこの時代の主流に流されるよりずっといい》と、間接的に夢へと繋げていくのが唯一無二の魅力なのだ。楽曲のラスサビ前には、先ほど歓声を上げたファンを指して「こちらこそ来てくれてありがとう!」とアンサーを繋げて盛り上げる場面もあり、完璧な幕開けだ。

繰り返すが、今回のライブは弾き語りスタイル。基本的には高橋優ひとりがステージに立ち、我々がそれをじっと見つめる……というシンプルなものだ。気になるセットリストについては代表曲やレア曲まで、過去のアルバムから満遍なく選曲される珍しい形を取っており、またその全てにギター1本ならではのアレンジが加えられるファン垂涎ものの時間となった。

高橋優 「陽はまた昇る」 - YouTube

「出雲の皆さんこんにちは!高橋優でーす!」の一言で拍手喝采を浴びると、次なるナンバーは“陽はまた昇る”。先程とは打って変わって重みのある演奏の中、歌われるのは孤独に生きる人間の心中。この楽曲の途中で気付いたことだが、今回のライブは音響が非常に良く、ギターの音色が心臓を打つかのように力強かったのが印象的。ギターとマイクのある種誤摩化しのきかないスタイルだからこそ、CD音源とは異なる楽しみ方が出来るのもポイントだったのかなと。

ここまで楽曲を立て続けに披露してきた高橋だが、ここからはツアータイトルとなっている一顰一笑(いっぴんいっしょう)について説明する時間に。高橋はまず「一顰一笑の意味は『顔に出る感情の動き』です。顔色をうかがうとか、一顰一笑をうかがう、みたいに使われます」と意味を説明しつつ、「四字熟語もそうですけど、言葉に『笑』が付いてると何となくポジティブなイメージがあるじゃないですか。でも実際は辛いことや悲しいことの方が何倍も多くて、心から笑えることってあまり無いなと思うんです。ただ僕はこの歳になって、辛いことがあるからこそ、たまに起こる楽しいことが引き立つんじゃないかと考えられるようにもなって」と語る。

Simple - YouTube

そして「僕はこれまでの活動で明るい曲も歌ってきましたけど、同じくらい怒る曲や悲しい曲も歌ってきた歌手だと自負してます。なので今日のライブではいろんな表情の曲を演奏出来ればと思っていますし、ぜひ皆さんは僕に日頃のネガティブな気持ちもドーンとぶつけてきてもらって。それで『ちょっと体が軽くなったぞ!』とか『明日も頑張ろう!』と思ってもらえれば。……ちなみに今日の弾き語りは本当にシンプルなので、より気持ちを伝えられるんじゃないかな」と、続く“シンプル”へと繋げていく。

高橋優「同じ空の下」 - YouTube

前半部のハイライトとなったのは、かねてよりの代表曲“同じ空の下”。我々は他者を見るとき、無意識に服装がどうとか顔がどうとか、何かと外部的な情報で『この人は〇〇だ』と判断してしまいがちだ。しかしながら無い無い尽くしの高齢者に密着した以下のMVにも顕著だけれど、どんな境遇の人でも、誰もが同じ空の下で生きているだけでオールオッケー……。そんな地球の真理的な大らかさを、この楽曲は歌っている。楽曲の「オーイエー!」の部分では全員が腕を挙げる(照明さんもこの部分だけしっかり照らしてくれていた)一幕もあり、一体感も抜群だ。

熱量高い演奏で魅了してきた高橋だが、気兼ねないMCになると一気に脱力するのは彼らしいところ。ちなみに今回のMCで最も長尺で語られたのはこの地の有名スポット・出雲大社の話で、昨日のライブを終え夜23時にホテルにチェックインした彼。ここで普通は「明日のライブのために体力温存だ!」となりそうなところだが、さすがは高橋。何と翌日の朝5時半には起床し、数ヶ月前(!)から予約していたレンタカーに乗って出雲大社へ向かったという。

それからは出雲そばを食べた話、土産物屋の店員さんから「高橋優さんですよね?」と声をかけられて盛り上がった話で爆笑を巻き起こした高橋。……そのトークは時間にして15分以上に及び、秋田弁全開の口調で捲し立てるそれはラジオパーソナリティーのよう。そして高橋は土産物屋で買ったという鬼のお面を見せびらかしつつ、「今回の出雲大社や出雲そば、レンタカーを借りて移動したりもそうですけど。僕はその土地でライブをするにあたって、皆さんが普段食べてるもの、見ている景色を出来るだけ共有したいと思ってます。それはその場所で生きている人に、なるべくスポットを当てたいなと考えているからで」と“spotlight”へと雪崩れ込むのだった。

高橋優「spotlight」MV - YouTube

以降は高橋優の歌詞における包括力を魅せる、バラード・ミドルテンポ曲の多いゾーンへ。辛いことがあってもそれを結ぶように全身しようともがく“靴紐”、ファンとの大合唱で壮大な感動を作った“HIGH FIVE”、怒りをグッと堪えて笑顔で誤魔化す“誰かの望みが叶うころ”……。ゆったりした楽曲もここからは足で踏むパーカッション&ループステーションでエド・シーラン的な音圧で楽しませる工夫が凝らされていて、全く飽きさせない作りだ。

Sandwich - YouTube

中でも個人的に感動したのは、お世辞にもあまりメジャーではない“サンドイッチ”という楽曲。この楽曲は『タラコおにぎりが売り切れていたからサンドイッチを買った』、『小銭を出すのに手間取って千円札を出した』、『扉が閉まる時に手で押さえたら「ありがとう」と言われた』……。端から見ればどうでもいい日常の様々な出来事を語るものだ。ただ高橋はこうした思いこそが、最も適した思考変換だと信じて疑わない。最初のMCで彼は「辛いことの先に楽しいことが待っている」というようなことを話していたが、彼の優しい精神性をグッと表していたのがこの曲だったように思う。

高橋優 「(Where's)THE SILENT MAJORITY?」 - YouTube

能登半島地震と秋田県の豪雨災害について歌った未発表曲“はなうた”、低音で朗々と歌い上げた“勿忘草”とゆったりとした時間が続くと、ある瞬間に突然ステージ袖からライブスタッフ(全員が鬼のお面を着用)が登場し、高橋が今まで座っていた椅子や机を取っ払っていく。随分と身軽になった高橋は「これまではゆったりしたムードでしたけども、みんな体がなまってるんじゃないの?僕は今から立ちますけど……」と半強制的にファンを立たせると、続いての楽曲は高橋優流の社会風刺ロックンロール“(Where's)THE SILENT MAJORITY?”。引きこもりや投票率の低下といったネガティブな情報を『我々が暮らす日本という国の問題』として提起するこの楽曲。足元に置かれたパーカッション&ループステーションでバンドっぽさも作りつつ、後半では今の岸田首相への逆風を模して《次の首相さんの支持率はどう?》と腕を乱高下させるアクションも秀逸だ。

高橋優初監督MV作品「明日はきっといい日になる」オモクリ監督エディットバージョン(Short size) - YouTube

ここからは全員が立ったまま、高橋はロック色の強い楽曲を連発。ファンの腕が大きく揺れた“雪月風花”、こどもの日ならではのセトリ入りとなった初期の大問題作“こどものうた”と続き、後半のハイライトはもちろん“明日はきっといい日になる”。高橋の名前を広めた代表曲でもあるが、この楽曲は最も彼の精神性を表しているようにも思う。……話は少し脱線するが、かつて僕はこの曲にハマり、多くの友人にMVを布教していたことがある。その友人らは最初は「ふーん」といった感覚で聴いていたけれど、だんだんとMVを凝視。気付けば「この曲めちゃくちゃ良いね」と繋がっていったのを覚えている。高橋優の歌詞世界についてはこれまでに綴ってきた通りだが、全ての憂鬱を『明日はきっといい日になるから今日はオッケー!』と投げ飛ばす彼の思考変換は、どれほど多くの人を助けてきたのだろう。

高橋優「キセキ」MV - YouTube

「今は春ですけど、すぐ夏になって、秋になって、冬になって……。『気付けばもう1年か』なんてことを思うんじゃないかな。今日はバラードだったり激しかったり、いろんな曲をやりましたけど、これからもみんなの生活と一緒に、高橋優の曲も歩んでいけたらと思います」と語り、最後の楽曲に選ばれたのは最新曲“キセキ”。春夏秋冬を共に歩んでいく2人に焦点を当てたこの曲を、高橋はこれまで以上に高らかに歌って心に迫っていく。またこれまで電光掲示板以外には何もなかったバックには満天の星空の映像が投影され、幻想的な雰囲気も相まってグッと来る時間だった。

この時点で約2時間が経過したライブ、ただまだ終わらないのが今回の単独である。手拍子に導かれるようにして再登場した高橋(鬼のお面を着用)はフガフガ声になりつつ「朝5時半に起きて出雲大社に行って、出雲そば食べてお土産買って、実は『これが今日のMAXなんじゃないか?』とちょっと思ったりもしたんです。でも全然そんなことないですね。出雲最高です!」と絶賛。更には「こんなに楽しいなら今日とは言わず、明日も明後日も出雲でライブやりたいよ!また絶対に来れるように頑張ります!」と地元民大歓喜のMCで盛り上げる高橋である。

高橋優 「福笑い」 - YouTube

毎回変わることでも知られる高橋のアンコール。今回は代表曲たる“福笑い”と最近のアンコールでたびたび披露される“ピーナッツ”の2曲で、畳み掛けて終わるクライマックスだ。《きっとこの世界の共通言語は/英語じゃなくて笑顔だと思う》とのハッとする歌詞が大合唱で歌われた“福笑い”も、《Hello きっとまた会えるよ》と未来を約束した“ピーナッツ”も……。最後に演奏された2曲は全部がハッピーで、ライブの締め括りとして完璧な存在感。中でも笑顔の重要性から、世界平和や幸福へと繋げていく“福笑い”はある種の真理のようにも思え、我々が今生きていること、またライブに足を運んでいることの意義すらも感じさせてくれた。

ピーナッツ - YouTube

人の優劣をつけない“同じ空の下”、日常のあれこれを前向きに変換する“サンドイッチ”、隣の人の大切さを説く“キセキ”……。高橋優の楽曲には圧倒的なまでの『日々を生き抜く力』が込められていて、それこそが多くのファンを虜にする魅力であると証明したのが今回のライブだったように思う。彼ははじめのMCで「辛いことは全部僕にぶつけてほしい」ということを語っていたけれども、これすらも彼が多くの痛みを経験した末の発言・思考なのだろうし、それは我々への何よりの励ましだった。

ギター1本とマイクというミニマル編成で行われた今回のライブ。始まる前は「CD音源はバンドだし……」などと考えたりもしたが、結果これこそが彼の歌が最も映える最適解。特に本文でも多分に触れているけれど、その歌詞に迫るという意味では、歴代ライブでもナンバーワンの没入感があった。またニューアルバムを引っ提げてツアーをする頃には、この経験を活かして更に楽曲に深みが出てくるはず。今から楽しみだ。

【高橋優@出雲市民会館 セットリスト】
未だ見ぬ星座
陽はまた昇る
シンプル
クラクション
誰がために鐘は鳴る
同じ空の下
spotlight
靴紐
微笑みのリズム
HIGH FIVE
サンドイッチ
誰かの望みが叶うころ
友へ
はなうた(未発表曲)
勿忘草
(Where's)THE SILENT MAJORITY?
雪月風花
こどものうた
明日はきっといい日になる
キセキ

[アンコール]
福笑い
ピーナッツ