キタガワのブログ

島根県在住。文筆。rockinon.com外部ライター等。

King GnuやVaundyのカバーも披露した、RSRの藤井風のYouTubeライブを観て

こんばんは、キタガワです。

 

https://fujiikaze.com/

日本4大フェスのひとつ。陽が昇るまでの長時間のフェスゆえに『RISING SUN ROCK FESTIVAL』……。他にもRSRという夏フェスについて語ることはあろう。けれど少なくともこの瞬間においては、誰しもの心はひとりに捧げられた。終演後TLに流れたコメントの嵐から見ても、あまりに圧巻のライブだった。


肝心のライブ、筆者は現地ではなく生配信で観たクチ。今回の彼のセットは完全弾き語りで、最近まで行われていた全国ツアーとほぼほぼ同じ形ではある。けれどもその公演自体がとてつもない倍率だったこともあり、こうして藤井風のライブを観ること自体初、という人も決して少なくなかった。その証拠に何と0時45分からの配信にも関わらず最終的な同接は20万回。改めて彼の人気を実感した形だ。


定刻になり、YouTubeの画面がステージに切り替わる。そこに映し出されたのは中央に設置されたグランドピアノで、他にはギターもマイクスタンドもない。あまりイメージは沸かなかったが、本当に彼はたったひとりでライブをするつもりらしい。しばらくして舞台袖から現れたのは我らが藤井風!……なのだが、その甘いマスクとは対照的に立ち振る舞いはマイペース。どこかフニャフニャした余裕ぶりで、一気に脱力してしまうのも彼の魅力。


拍手に包まれつつ、ゆっくりと手に持ったマイクでアカペラで歌い始めた藤井。聴き慣れないフレーズに一瞬「新曲か?」と思ってしまったのだけれど、よくよく聴けば何とオープナーはVaundyの“踊り子”だった。結果的にはここから“恋風邪にのせて”→“napori”→“東京フラッシュ”と怒涛のVaundyメドレーが続いた訳だが、これはVaundyの新型コロナウイルス感染による代役として、彼自身が与えられた役割を理解してのこと。全く予期していなかった粋なサプライズに、会場も大盛りあがりだ。

 

Fujii Kaze - Kaerou (Official Video) - YouTube

“何なんw”→“帰ろう”の鉄板藤井風ナンバーを挟めば、そこからは更なるサプライズとして、新型コロナウイルスにより出演を辞退したアーティストたちのメドレーを披露。極悪難易度に戸惑いつつも食らいついたヌーの“Vinyl”、どこか歌い方も似せた感のあるカネコアヤノの“祝日”、応援歌的な歌詞がここに来てグッときたBiSH“オーケストラ”……。思えば彼に出演オファーが舞い込んだのはほんの2日前。そこから練習するにしてもかなりの負担だったと推察するが、逆に言えばソロの弾き語りで、なおかつ藤井風の実力があってこそ成立した一幕だろう。

 

Fujii Kaze - Tabiji (Official Video) - YouTube

ライブのラスト(実際にはもう1曲やったが)は“旅路”を選曲。コロナや戦争、それ以外の個人的な出来事も含め、本当にいろいろなことが起こったここ数年。そんな中彼は全てを肯定する優しさで、この楽曲を届けてくれた。そして予定よりも巻いたのか、“旅路”後は急遽オケを流しつつ“まつり”を披露。彼いわく「ただのカラオケ」な“まつり”だったが、その分身振り手振りも合わさって視覚的にも楽しい。一般的な祭りイメージよりは圧倒的にダウナーに寄ったサウンドで、最後まで藤井風らしい形での終幕となった。

 

Fujii Kaze - Matsuri(Official Video) - YouTube

今回のライブで強く感じたのは、彼のフロントマン然とした姿が如何に視線を集めているかということ。画面に映る表情ひとつとっても、目が離せないのである。単なる『イケメン』のベクトルでは語れない存在感が、そこにはあったように思う。加えて、これはこの日限りのことではあるが、藤井がどれほど多くのアーティストをリスペクトしているのかも深く知ることができた。ひとつの例として、以前紅白歌合戦後の寝そべり生配信で、いろいろなアーティストの楽曲を即興で弾き倒す場面もあったのだけれど、総じて各自の音楽の素晴らしさを彼自身が認識しているからこそだろうと。


藤井風ファンならずとも、大いに引き込まれたRSRのライブ映像。本当に観ることが出来て良かったのはもちろん、出演を快諾してくれた藤井風サイド、公開に漕ぎ着けた関係各位に心からの感謝を伝えたい。次は是非とも現場で観たいところ!


【藤井風@RSR セットリスト】
踊り子(Vaundyカバー)
恋風邪にのせて(Vaundyカバー)
napori(Vaundyカバー)
東京フラッシュ(Vaundyカバー)
何なんw
帰ろう
Vinyl(King Gnuカバー)
祝日(カネコアヤノカバー)
オーケストラ(BiSHカバー)
きらり
旅路
まつり