キタガワのブログ

島根県在住。極力誰とも関わりませんので悪しからず。目標は音楽ライターであり、ブロガーではありません。

人気者にならないとブログのアクセス数は稼げない、という話

こんばんは、キタガワです。


ブログを開設して1年ほど経ちますが、未だに悩まされることがあります。


それこそが『アクセス数』の存在。


思えばこの1年間、アクセス数の変動に過剰な一喜一憂をしていた気がします。バズが発生したら毎分毎秒アクセス数を確認して自己顕示欲を高め、前日よりアクセス数が少しでも下がった程度でも、ちょっとここでは書けないくらい、卑屈な感情になったりしました。


仕事の片手間にやってる人や「いつ辞めてもいっか」と思ってる人なら別ですけれど、僕自身ブログを書き続けている理由は『現実に居場所がないから』というものなので。そりゃしがみつきたくもなります。「人に見られているんだ」と思うとその分頑張ろうと思いますし、「見られてないんだ」と感じたら存在意義を失った気がして、どん底まで落ちる。そんな生活でした。


この場ではっきり書かせてもらうと、開設して1年経過した『キタガワのブログ』のアクセス数は、1日500行くか行かないかくらいです。1年もやれば普通だったら倍以上か、それ以上のアクセスがあるらしいんですけどね。どうもそっち方面の才能はからきしらしく。まあやり続けることには変わりないし、元々バンバン読まれるとは思ってなかったので別にいいんですけど。


でもやっぱり、どうしても「俺も頑張ってるのにな」とも思ってしまうんですよね。寝る間も惜しんで書いて、休日返上で書いて。それで何で結果出ないんだよっていう悩みも尽きないです。


それについて考えて考えて考え抜いた結果、最近気付いたことがあるんです。それは「アクセス数を稼ぐには人気者にならないと駄目だ」ということ。


ちょっと話は脱線します。僕はツイッターを日常的にやっているんですが、その中には所謂『ツイッター上での人気者』がたくさんいるわけです。ネタツイでリツイートを稼いだり、特定の趣味の人と相互フォローし合ってコミュニティを築いたり、イラストを描いて100万人のフォロワーがいたり。そういう人たちがわんさかいます。


(これは僕の性格がゴミだからだと思うんですけど、そういう人たちを見てるとムカついてしょうがないんですよ。本当にはらわた煮え繰り返りそうになるんです。普通『自分には絶対出来ないこと』を成し遂げてる人には尊敬の気持ちが芽生えるはずなんですけどね。仕事場でも現実世界でも人と全く関われない僕だから、そういうとち狂った考えになるんでしょうが。いわば最大級の嫉妬と言いますか)。


個人名は出しませんが、先日そんなとある『人気者』がツイッター上でこう呟いたんです。


「ブログ書きました!見てね!」と。媒体は同じはてなブログ。


一応読んではみたんですけどね、まあ酷かったです。「今日はこんなことがあったよ!最高!明日も良い日になればいいなー!」みたいな。中身ゼロのクソみたいな文章でした。文字数は100文字もないし、改行も一気に10段くらい下がってて見にくいし、そもそも何が言いたいかわからないし。明らかに『暇な時間使って書いたんだな』という感じ。


そうなるとどうしても比較してしまって。僕の方がまだいい文章書けると思ってしまうんですよね。こちとら何時間もかけて何千文字も書いてんだっていう。こちとら本気でやってんだと。


でも、最後まで読み進めたときに愕然としたんですよ。


はてなスター 530個


一瞬見間違いかと思いました。でも本当だったんですよ。読者数も一気に3桁行ってるし。僕なんかはてなスター貰うこともそうそうないし、読者数なんか1年間やって2桁行ってないんですけど。何これ。


更に絶望的になったのが、次のツイートで。その人は1日経ってのアクセス数をスクショして貼り付けてたんですよ。


アクセス数 4600


もう全部が馬鹿らしくなりましたね。毎日毎日寝る間も惜しんで書いて、誰にも見られてない中鬱々とした気持ちでやってんのに。ポッと出のクソみたいな文章に、僕は敗北したわけです。敗北も敗北、大敗北ですよ。ひのきのぼうとマスターソード。コイキングとルギア。相手にすらならんっていう。


挙げ句の果てにはフォロワーの人たちと「収益化したらお金になるかも!」とか語り合ってて、コメントもバンバンついて。もう今までやってきたことが全部崩れた気がしました。しまいには何か泣けてきちゃって。もうブログ辞めようかなと思いました。ぼっちはブログ上でもぼっちなんだなっていう。


……やっぱりなんだかんだ、知名度って大事なんです。何でヒカキンが音楽活動するのか。何で有名人がクラウドファンディングするのか。それは金が集まるからなんですよ。多分ヒカキンがずっと無名な状態で曲出したら、一銭にもならないでしょうし。はっきり言って、知名度があったらもうその時点で勝ちだと思います。後は何したとしても、絶対に一定数のファンは付くので。


今回は愚痴ブログなので、話のまとまりもオチもないです。でもちょっと有名な人がブログに参入して、アクセス数をバンバン稼ぐのを最近よく目にしまして。それで今回書きました。ブログやってる身としては、やっぱり鬱々した気持ちになるもんで。


……一般人が有名になることなんてあるのでしょうか。周りがマイホーム買ったり結婚したりしてる中、毎月のスマホ代さえ滞納してる僕はこのまま歳を取って死んでいくのか。


分かりませんが取り敢えず。あと何年かは人とも交わらず、孤独にやっていきます。僕なりのやり方で。それで結果が出なかったらそのとき考えます。


でも周りと比較する癖だけは辞めたいですね。でも辞めれないんだろうなとは思います。こうやって定期的に病んでいくのもまた、僕らしさなのでしょう。


また明日から頑張ります。以上、今日は珍しく愚痴ブログでした。こんな日もある。


今年の目標は『人気者になる』にします。多分無理だろうなー。