キタガワのブログ

島根県在住。音楽、映画、雑記等。目標はライター。

はてなブログを100記事書いてわかった。死にたくなるね

こんばんは、キタガワです。

先日、はてなブログが100記事を突破しました。あまり嬉しい感情はなかったですね。どうせ誰も見ないだろうとは思っていたので。

とりあえず『100記事を突破』を目指して頑張っていたんですけど、それを達成した今、現実を目の当たりにすることが多くなってきたんですね。正直辛くなってきたというか。

『ブログは100記事書いたら何とかなる!』なんてことを、誰もが言うわけです。収入が出るとか、はてなスターがもらえるとか、読者数が増えるとか。でもそれは『ブログ 100記事』で検索したときに上位に出てくるような人間の発言なのであって、僕のような底辺でくすぶってる人間がやろうとしても無理なんですよ。それを実感しましたね。

なので今回は、ブログ100記事を突破した今の僕の現実について、洗いざらい語りたいと思います。あとは辛くなった理由も。成功者の情報、全部嘘まみれですよ。

①1日のPV数は200程度

どちらかと言うと少ない部類だと思います。誰もが通る道だと思うんですけど、最初はPV数が伸びないものです。それは分かります。

でも割に合わない。

こちとらひとつの記事に何時間も費やしてるわけです。例えば時給800円のバイトやったとして、目に見える結果が賃金として反映されてるわけじゃないですか。

それに比べて割に合わねえなっていう。ウンウンうなって、時間を割いて、やっと書いた記事で何も生まれない。

はてなスター1つ、読者数4

モチベーション、上がらないですね。これでは。

③他の人との比較

はっきり書くと、僕は鬱病です。完全に向いてないなと思います。だって人と比較する癖があるから。

そんな人にとって、ブログは地獄ですよ。

例えば適当に検索かけて、いろんな人のブログを見てみるわけです。で、クソつまんねえ文章なのにスターが50とか付いてる。ハラワタ煮えくり返りそうになりますよ。

たった500文字くらいの文章とか、どうでもいい話を延々垂れ流してるやつとか。で、それでたくさんスターもらって、収入得てて。

やっぱり、ブログもコミュニケーションなんですよ。他の人のブログを訪問してコメント残したり、スター押したり、読者になったり。

僕はそんな人に媚びへつらう人生が嫌で、ひとりでやれるブログに手を出したんです。でもやっぱり駄目だなと。俺は無理だなと。

他の人は100記事で読者数150とかね。スターたくさんとかね。死にたくなりますよ、こんなの。

アフィリエイトアフィリエイトアフィリエイト

僕が一番嫌になったのはこれです。ブログはアフィリエイトしないと駄目なんだなっていう。

アフィリエイトは、要するに広告貼り付けたりして、商品や商材をオススメしたりする文章を書くやり方です。反吐が出ます。

皆さんも見た経験ありませんか。『鬱病 自殺』で検索かけたら、親身にアドバイスしてくれるサイトがあったとして、その最後に「鬱病診断はこちら!」とか「治療は○○クリニックへ!」とかいう文言。

タイトルに「鬱を克服する方法10選!」とか「鬱の人の行動10選!」みたいな、検索されやすくてGoogle検索に引っ掛かりやすいワードばっか使うやつ。

あれ見た瞬間、鳥肌立ちましたね。良い商品の紹介とか、鬱の人への手助けとか言っといて、本当は全部そのブログへのアクセス助長や、金儲けのことしか頭にないんだっていう。

例えば、本当に死にたくて辛い人が見たいのって、そういうんじゃないんですよ。鬱の人が淡々と自分の気持ちを語るようなサイトや、皆で頑張ろうって励ますサイト、そういうのが見たいんです。

そこに金儲けが見え隠れした瞬間、辛さが増幅するんですよ。ふざけんなよと。

③で書いたような、読者数が多い人やスターが多い人は、それをやってる人です。それか、元々Twitterとかで人気がある人か。

僕は商品紹介や人の弱味に漬け込んだブログなんてやりたくはないし、媚びへつらったりもしたくない。単純に自分の書きたいことを書いて、評価されたい。それが社会をドロップアウトして、今なお底辺をさ迷ってる人間が行き着いた先なんです。

だから思ったんですよ。ブログで収入を得たり、名声を得るためには『自分を殺さないといけない』ってことを。そして、『俺じゃ駄目だ』ってこと。

すいません。自分でも何書いてるかわからなくなりました。メンタルがヤバいときにブログ書くもんじゃないですね。次回はまたふざけた記事書きます。申し訳ありませんでした。