キタガワのブログ

島根県在住。極力誰とも関わりませんので悪しからず。目標は音楽ライターであり、ブロガーではありません。

【実験】カップ式自販機の味調節ボタン、全部押したらどんな味になるのか?

すれ違ったお婆さんに「あんた転びなさんなよ!頭打つで!」と言われ、そのあとコケて頭を打ちました。皆さん、松江には予言者がいます。

 

 

皆さんは『カップ式自販機』を知っていますか?

f:id:psychedelicrock0825:20180218213951j:plain

ボタンを押した瞬間に紙コップにジュースが注がれ、5秒後くらいに扉が開くアレです。取り出すときに手がベタベタになるアレです。飲み残したときに捨てづらいアレ。

通常の自販機のジュースよりも値段が安いので、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

で、僕はこのカップ式自販機、以前から疑問に感じていたことがあります。

 

ここ。

f:id:psychedelicrock0825:20180218214226j:plain

 

ここ。

f:id:psychedelicrock0825:20180218214753p:plain

 

f:id:psychedelicrock0825:20180218214417j:plain


すみません、誤って『君ならできる!松岡修造の熱血応援メッセージ』の本の画像を載せてしまいましたが、気にしないでください。

この部分、押したことある人いますか?

僕、砂糖やクリームを増やす減らすの話って、本来の味を知らないと出来ないと思うんです。

例えばRPGで難易度設定するとき、最初はほとんど『ノーマル』を選びます。で、1回クリアしてから「これくらいのムズさだったなら難易度上げようかな」と思うから、2周目3周目を『ハード』にするんですよね(最初から『ベリーハード』とか選ぶ人のことは知りません)。

例えば行き付けの喫茶店で、毎日頼むレギュラーコーヒー。「ちょっと飽きてきたし、今日くらいは味変えてみようかな」と思うから、「マスター砂糖多めで」って言えるんですよね。もし初めて来た人が砂糖ドバドバ入れてたらどうでしょう。マスター、絶対腹パンしますよ。

……要は、ほとんどの人は普通押しません。あのボタン。

じゃあ僕が押してやらあ。ということで考えたのが、今回の企画です。

検証の方法はこちら。


①砂糖、クリーム、コーヒーの調節を全て最大にした状態のコーヒー『🅰️』と、全て最少にしたコーヒー『🅱️』を用意

②飲み比べる


それでは参りましょう。

 

 

実験台になるのはこの飲み物。ジョージアスペシャブレンド、『さとう&クリーム入り』です。

f:id:psychedelicrock0825:20180218215339j:plain

ちなみにこれを選んだあとに「あれ?ブラックコーヒーで検証すべきじゃね?」と気付きました。土下座100回するので今回は許してください。

まずは🅰️。ボタンを……

こうじゃ。

f:id:psychedelicrock0825:20180218215747j:plain

出来上がったコーヒーは、すぐさま友人に持たせます。「俺たち何してんだろう」という声が聞こえた気がしますが全部無視します。

つぎは🅱️。ボタンを……

こう。

f:id:psychedelicrock0825:20180218215812j:plain

 

で、出来上がったものがこちらです。

f:id:psychedelicrock0825:20180218220145p:plain

見た目的には、あまり変わらないように見えます。が、問題は味です。果たしてどんな味がするのでしょうか。

 

 

【濃い🅰️を飲んでみる】
一口飲んだ感想は「苦い」

缶コーヒーで言うところの、微糖以上無糖以下の濃さです。

飲めなくはないですが、かなり人を選ぶかなと。特に後味が濃いんです。鼻を突き抜ける濃さと言いますか。

砂糖も最大にしたはずなんですが、あまり恩恵は受けてない印象。砂糖よりもコーヒーの強さが圧倒的です。絵の具のパレットに黒と何かの色を混ぜると、だいたい黒が勝ちますよね。それと同じです(?)。

そして地味にありがたいのが、クリーム。これがあるとないとでは大きく違うかなと。とろりとしたクリームがあるおかげで、苦さの中にも美味しさを感じることができました。ありがとうクリーム!

結果、🅰️は何とか飲める。でも苦すぎるという結果になりました。果たして🅱️はどうか。

 


【薄い🅱️を飲んでみる】
はい、クソまずいです。

これはもう白湯です、白湯。完全に白湯。THE白湯。

ポカリスエットの薄いやつあるじゃないですか。水色のペットボトルの。あれより遥かに薄いです。『白湯にスポイトで3滴コーヒー垂らしました』レベルの薄さ。

これ、『コーヒーであること』を完全に放棄してます。味が「僕コーヒーじゃないよぉ!」って言ってます。いやお前はコーヒーだろ。

砂糖はまず、仕事してません。まあ仕事してたとしてもほぼ違いはないと思うんですけど、砂糖をMAXにしてたら何かが違ったのかな、とは思います。

クリーム、仕事してません。クリームがいないのは地味に痛くて、味にコクとか深みが一切ないんです。だから非常に淡白な味わいになってる。まるでCD音源をそのまま演奏してるバンドみたいな感じで、何も心に刺さらないです。

結果、🅱️、クソまずいです。だって白湯だもんこれ。

 


【総評】
ボタンはいじるな