キタガワのブログ

島根県在住。音楽ライター。酒浸り。

バスターコール

全裸だと寒い季節になりましたね。




『そりゃそうだ』という話をしたいと思う。

10月某日、僕は夜道を歩いていた。

最近、ついていないような気がする。仕事の効率は相変わらず悪いし、上司が怒る回数も増えた。果てはコミュニケーション能力の低さから、社内での立ち位置も定まらない状態にある。

そのときは「辞めたい」、「会社に火を点けたい」などの考えは抜け落ちていて、「どうしたもんかなあ」という漠然とした思いが、頭の中を支配していた。

現状を打破する何かが転がってないだろうか。今まで何百回とした妄想を、再度脳内で構築する。

で、結局何の解決にもならず。耳元で流れる音楽だけが、やけにやかましかった。

ふと、道の端に目を向ける。

一匹の白猫がいた。生後何ヵ月かは分からないが、体はかなり小さかった。

猫は、僕を見るなり「ミィー」と鳴いた。

そして、ゆっくりと近づき、僕の周りをぐるぐると回り始めた。ズボンを引っ掻いたりもしている。

その姿は、妙に愛らしかった。

僕は一言「おいで」と言うと、猫の側に膝をついた。

待ってましたとばかりに膝に乗るネコ。

いつの間にか、悩みは消し飛んでいた。

実は、僕は重度の猫アレルギーである。そのため本来は触らないのだが、この日は特別な気がした。

なにせ、辛い思いを抱えている僕を励ますかの如く「ミィー」と鳴くのである。優しさを無下にして突き放すのは、それこそ愚かな行為だと思った。

猫の頭を、そっと触った。猫はごろごろと喉を鳴らしながら、さらに深く膝にうずくまった。

いつまでそうしていたのだろう。

気付けば、かなりの時間が経っていたことに気付く。

名残惜しいが、別れの時間だ。

僕は「ありがとね」と一言言うと、猫から離れて歩き出した。

すると、後ろからまた鳴き声が聞こえた。

「頑張れよ!」。そう言っている気がした。

さらば、猫。どこかでまた会おう。そんな期待を込めて、僕は大きく手を振った。

耳元では、シャッフル再生された曲が流れていた。


君らは君らしく生きていく自由があるんだ
大人たちに支配されるな
はじめからそう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか?

サイレントマジョリティー/欅坂46


僕はいつになく晴れやかな気持ちで、帰路についた。


次の日。

顔は真っ赤になりましたとさ。

そりゃそうだ。